HTML5を使ってアプリ開発を行う前に抑えておきたい点

HTML5を使ってアプリ開発を行おうとしている方向けに、開発前に抑えておきたい内容をまとめました。

 
・HTML5の定義
 厳密にはW3Cにて標準化がすすめられているHTML5仕様書に含まれるものを指す。
 但し一般的にはCSS3なども含め、周辺のWeb技術を含めてHTML5と呼ばれている。
 
 
・HTML5の仕様
 日本のHTML5コミュニティ http://html5j.org/
 ブラウザの実装状況に近い仕様書 http://www.whatwg.org/specs/

 
・HTML5が出来た背景
 ブラウザ間の互換性、iPhone、Androidなどのマルチデバイス用のアプリ対応が必要となってきた為。

 
・レガシーブラウザ
 今だIE6~IE8を使用しているユーザはいる。レガシーブラウザではHTML5の機能は大部分が利用できない。

 
・WebKit
 iPhone、Androidの両デバイスでデフォルト採用されているため、WebKit対応を行えばスマフォの大多数ユーザが使用可能となる。

 
・主要ブラウザ
 Chrome、Internet Explore、FireFox、Safari、Opera

 
・HTML5の関連技術カテゴリ

カテゴリ 説明
CONECTIVITY WebSocket、Server-Sent Eventなど
CSS3 CSS3、Web Fontsなど
DEVICE ACCESS 位置情報、加速度センサなど
3D,GRAPHICS & EFFECTS SVG、Canvas、WebGLなど
MULTIMEDIA Audioタグ、Videoタグなど
PERFORMANCE & INTEGRATION Web Workers、XHR2など
SMANTICS microdata、microformats、アウトライン要素の追加など
OFFLINE & STORAGE ApplicationCache、localStorage、IndexedDB、File APIなど