RASボードについて

Reliability(信頼性)、Avalability(可用性)、Serviceability(保守性)の略称で、コンピュータが期待された機能、性能を安定して発揮できるかの評価項目として用います。

RASは、ソフトとハードの2種類があり、365日24時間稼働するパソコン、ソフトウェアではRASボードを使用する事をお勧めします。ファクトリーコンピュータ等の高額なPCには大抵ついていますが、念のため購入する前に確認しておきましょう。

 

RASボードの機能について

RASボードはどのような機能をもっているでしょう。
私が信頼している会社、インタフェースのホームページを見てみましょう。

 
インタフェースHPのRASボードの説明ページ
 
インタフェース社のRASボード
 

  • 障害発生の防止
  • プロセッサの監視
  • 障害箇所の早期発見
  • 故障状態の判断など

 

はい、少しわかりずらかったですね(^^;

NEC、CONTEC社の説明が分かりやすかったのでそちらを紹介します。


 
NECのRASボードについて

NECのRASボード


 
CONTECのRASボードについて

Contec RASボード

 

画像の貼り付け恐縮ですが、少しは参考になりましたでしょうか? もし分からない、RASボードを使用したシステム構築を考えているなどございましたら、弊社までご相談ください。