計測機器(地震計、騒音計、微粒子計等)を使ったソフトウェアについて

計測機器を使ったシステム・ソフト開発について書きます。

計測機器の定義は、測りたい物を数値化する機器です。その定義に従い、ざっと例を挙げてみます。強震計、微粒子計、騒音計、振動計、計測震度計、テレメーター、高度計、湿度計、積雪計、風速計、光度計、加速度計など多種多様あります。

弊社は、その中でも、地震計・騒音計・微粒子計などの計測機器(計測装置)を使ったソフト開発をよく行います。 今回は、そのようなソフト開発を行う上の留意点をまとめてみました。


計測機器(騒音計・微粒子計・地震計)
※左より微粒子計・騒音計・地震計

 

計測機器でシステム開発を行うと、大抵、以下のような仕様に収まります。
分かり易いように、地震計(強震計測装置)を用いたシステム仕様で紹介します。

 

  • 地震計のデータ(震度階級、計測震度、SI値、水平成分、XYZの加速度、ETC)を遠方で確認できるようにWeb表示できるようにする。
  • 地震計の震動データを資格的に分かるようにリアルタイム波形表示する。WINフォーマット対応にする。
  • 計測震度や震度階級等が基準値(閾値)を越えたら警告(アラート)を出す。(例:メールを飛ばす、パトライトを鳴らす、電話通報を行う、ブザー鳴らす)
  • 地震計やパソコンが故障した際にメール通報を行う。死活監視を行う。
  • メンテが簡単に行えるように、感震器等のセンサーテストリモートで実行できるようにする。

 

リオンの地震計(SM-27、SM-28、SM-29)
※弊社内にあるリオン製 強震計。左よりSM-27、SM-28、SM-29。このうち弊社所有はSM-27。他2機種はレンタル品。
 

上記の仕様だと、大抵のソフト開発会社でも時間をかければ作れると思います。

ですが、お願いする前に注意する点があります。計測機器のソフトを作った事がないソフト会社にソフト開発を依頼する。そうすると以下のような事が発生してしまいます。

 

  1. ソフト開発者は、大抵計測機器を扱った事がない。その為、操作方法などの教育が必要になる。(工数・手間が膨らむ)
  2. ソフト開発者は、生産ライン等の実際の現場を知らない。その為、業務内容より教える必要がある(工数・手間が膨らむ)。
  3. シリアル通信を使ったソフト開発経験がない。その為、0から調べながら作る必要がある。(工数・手間が膨らむ)
  4. 24時間、365日動作するソフトを作った事がない。その為、数か月後にプログラムが停止する。(トラブル対応発生)
  5. メール通報、パトライト鳴らす、電話通報などの開発実績が無い。その為、0から作る必要がある。(工数・手間が膨らむ)

 

費用が安いからと言って、格安のソフト開発会社に依頼してしまうと上記のような事が起こってしまいます。ソフト開発費用は抑えられたが、それ以上に手間・時間・トラブルに時間がとられ、トータル的には膨大なコストがかかってしまいます。

 

色々と書きましたが、上記内容で一番大事な所は赤文字の、24時間365日動作するプログラムを作る所です。

 

24時間365日一度も停止することなく動作するプログラムを作るには、色々なノウハウが必要です。一部を紹介すると、以下のような事に注意する必要があります。

 

  • どんなパソコン・サーバーをセレクトすれば良いか?(Endebeded PC、Factory PC、24時間ヘルスケアモデル、RASやRaidはある?、ETC)
  • セレクトしたパソコン・サーバーがどれだけ部品供給して、どれだけの間、システム稼働が可能なのか。
  • セレクトしたパソコンをどのような場所に設置すれば良いか。(埃、湿気、振動、高温等は考慮が必要。)
  • プログラムを作る際に、ゴミが発生しないようにするにはどうすればよいか。(ゴミが出るプログラムだと徐々にメモリが増えていき最終的にはプログラムは停止する)

 

弊社は長年培ってきた計測機器のソフト開発の経験があります。ですので上記のようなノウハウ(知識、失敗を含めた経験)があります。そのおかげもあり、弊社のような小さな会社でも上場している企業や大手企業様と取引する事が出来ました。

 

『 安いからこのソフトハウスに頼もう! 』 ではなく、長く動作する品質のよいソフトを作るのであれば、我々のような計測専門のソフト屋に相談するのが一番良いと確信しています。

 

何か、計測機器と絡めてソフト開発を行いたい等がございましたら、メール、電話、Fax、何でも良いのでご相談ください。必ずお役に立てます。