職場にAI 米が日本に先行 日経新聞

米国の方が日本より一歩先にAIの利用を進めているとの事。
以下のグラフは総務省の情報通信白書(2016年版)による。


職場にAI 米が日本に先行

IT(情報技術)の導入で日本は米国に後れを取ったが、AIでも同様の傾向が続きそうだ。

 

記 事

職場にAI 米が日本に先行
(2017年2月3日(金) 日経新聞より)
 

※詳細記事は、画像をクリックしてお読みください。

 

感 想

IT業界の巨人である、Google、Amazon、Facebook、(Apple、Microsoft)などは全て米国企業である。日本も決して、負けないぐらいの頭脳があったのに、ソフト面ではすべて先を越されている。
 
人工知能・ディープラーニングでは、ソフトとハードの融合が重要になる。
日本は幸いハード技術で、世界でトップクラスを走っている。
この利点を生かし、国を挙げて人工知能・ディープラーニングに力を入れる必要がある。
 
フロンティアスピリッツを持ち、トライ&エラー、試行錯誤を繰り返しながら一丸となり突き進む。
それが出来なければ、IT同様二番煎じになってしまう。AIの分野ではトップを走っていたい。