巡回警備 ロボにお任せ 日経新聞

情報サービス大手のTISは、ロボットを使った巡回警備サービスを始める。

自立走行型ロボットを手掛ける大学発ベンチャーに数千万円出資。自社で開発したシステムと組み合わせて提供する。警備員1人の経費で24時間監視が可能になるという。

人手不足が深刻な警備業界等に利用を促していく。


記 事

巡回警備 ロボにお任せ
(2017年2月5日(日) 日経新聞より)
 

※内容は、画像をクリックしてお読み頂けます。

 

感 想

素晴らしい事例。

ソフト開発会社であるTISが、ハードを作っている大学ベンチャーに出資。人手不足である警備業界を助けるサービスを始めるとの事。

わずか数千万の出資で、このようなビジネスを始めれる我が国の環境は素晴らしい。
 
我が国は、他のどの国よりもいち早く少子高齢化を迎える。

このようなピンチな状況だからこそ、世界に先駆けて新ビジネスを見つける事が出来る。
幸い日本の企業はロボティクス等のハード面は世界の先端を走っている。AIとハードが結びつき、そのビッグデータをクラウドに上げてデータを分析(ディープラーニング)する。今回の事例を見習い、国内の企業は投資先を見つけ、ドンドン出資して欲しい。
 
『ピンチ』を『チャンス』に変える事が出来れば、日本の未来は明るい。